2004/12/26 (日)

年末年始の話題

桃井 「岩田先生、去年の12月はクリスマスをテーマに興味深い話を、いろいろ教えてもらいましたけど、今年はクリスマスも過ぎてますから、初詣に関してなにか面白いお話はありませんか?」

岩田 「元日の初詣という習慣は、江戸時代に盛んだった、元日の恵方にあたる社寺に参詣する恵方詣(えほうもうで)が起源みたいだね。」

桃井 「恵方というのは?」

岩田 「中国運命学の一部が陰陽道に取り込まれて成立した開運術の技法に、自宅から見て、その年の福徳を司る歳徳神(さいとくじん)の在する方角、この方角を恵方と言うんだけど、その方角に位置する社寺で方位取りをする開運術という意味が、江戸時代の初詣にはあったんだね。」

桃井 「歳徳神の在する方角って、開運術として有効なんですか?」

岩田 「方位・方角の運命学的効果は、東西占星術研究所の研究課題の一つにはなっているけど、歳徳神に関しては研究の対象外であると判断しているから、それについてはノー・コメントということにしておこう。」

桃井 「はい。」

岩田 「それから少し付け加えておくと、陰陽道的な開運術としての恵方詣が初詣の源流としたら、恵方詣の源流は、新年を運んで来る歳神(としがみ)を各家庭でお迎えする習慣だったと思うんだ。

 そこには、目に見えない存在が自分たちの身近に訪れるのをお迎えするという敬虔な宗教感情や、今年も無事に新年を迎えることの出来たことに感謝する謙虚な精神の姿勢がそれなりにあったと思う。

 そういった意味で現在の初詣から、方位取りの開運術という要素が抜け落ちてしまったことは、初詣にとっては良いことだったと思っている。」

桃井 「方位取りに熱中している人の発する精神的波動というのは、そばにいるとちょっと苦しいねって、岩田先生が前に言ってましたけど、初詣が方位取りの開運術だったら、日本列島が新年から、ちょっぴり苦しい波動におおわれてしまいますね。

 ところで、友人がとても示唆的な内容を引いちゃったと、話してくれることが時々ありますけど、神社のおみくじってどう思いますか?」

岩田 「プラシュナでは、本人が貝殻を置いた星座を第1室としてホロスコープのリーディングをすることもあるんだ。そういう意味で、おみくじってのは一種のプラシュナと似たところもある占いシステムだ。

 だから、引いたおみくじの吉凶で一喜一憂して心を興奮させるんじゃなくて、謙虚に戒めや助言を求めるという気持ちで引けば、それなりの示唆や啓示として生かせる内容を、おみくじから読み取れると思うよ。」

桃井 「はい、それって占い全般に対する、基本的態度でもあるんですよね。

 そういえば、トロピカル12星座を使っても、ホラリーならけっこう当たると、羽田先生がおっしゃっていた話を、前に教えてもらいましたけど、質問者が真剣ならプラシュナやホラリーって、使う技法の良し悪しは関係がないんですか?」

岩田 「関係が無いわけじゃないけど、プラシュナやホラリーの方が採用する技法の自由度は高いし、卜占(ぼくせん)系の占いはさらに技法の自由度が高い。

 でも、どちらにも良く出来た高度な技法というものは存在する。卜占系の中では、周易には哲学というか、風格みたいなものを感じるんで、けっこう好きなんだ。」

桃井 「岩田先生からインド占星術の個人指導を受けている方で、西洋占星術をやってる方が多いのは当たり前だとは思うんですけど、不思議と男性は周易をやってた方が目立ちますね。」




談話室過去ログへ