HOME / 談話室

談 話 室

2003.03.09

アクエリアス談義(その3)

桃井 「それではお話の続きをお願いします。」

岩田 「牡牛座の時代や牡羊座の時代には、それに対応した古代文明と古代宗教が存在していたという見方は否定すべき強い証拠がないし、魚座の時代と共にキリスト教が登場して、それが魚座の時代を代表する世界宗教になったという考え方は、魚座の特徴とキリスト教の特徴を考えるとけっこう説得力がある。

 そしてその考え方を未来に展開すれば、アクエリアスの時代には、現在のキリスト教に代わって新しい世界宗教が登場するという主張は、それほど無理のあるアピールではないと思うんだ。」

桃井 「魚座とキリスト教に共通の特徴って、なんですか?」

岩田 「キリスト教が世俗の権力と結びつきどんなに堕落しても、修道院からはマザーテレサのように、地の果てまで伝道に赴き、自己犠牲と奉仕に生涯を捧げる人を、常に絶えることなく輩出したのが、結果的にキリスト教を世界宗教にしたんだと思う。自己犠牲と奉仕は魚座の重要な特徴だね。

 まあ宣教師の中には、西洋文明による世界支配がキリスト教の伝道には必要と考えて、侵略と植民地化の尖兵の役割を演じた人々も多いから、奇麗ごとだけではないけどね。

 面白いことにヒンドゥー教でも、キリスト教のローマ世界への広がりと平行するかのように、バクティ運動が広く受け入れられていった。バクティ運動では抽象化された教義よりも、人格化された神に対する愛と崇拝という宗教的表現が主流になる。

 バクティという言葉は、熱愛や信愛という意味だから、魚座の時代に入って、キリスト教が世界に広がると共に、インドでも愛の宗教が広がっていったことになる。インドではヴィシュヌ神またはシヴァ神に対する愛だけどね。」

桃井 「面白いシンクロ現象ですね。」

岩田 「とすれば、魚座の時代から水瓶座の時代に移行するにつれ、新しい宗教運動が広がっていくだろうというのは、必然的流れだね。もしかしたら、それは信仰のなくなる時代なのかもしれないけど。」

桃井 「大変な話になりましたね。」

岩田 「言い方を変えれば、新しい信仰の姿を世界に提示した宗教が、次の時代をリードしていくと考えていいかもしれない。その先駆けとして、研究日誌で取り上げた聖者方が登場しているのかもしれないね。」

桃井 「そうなんですか?」

岩田 「救済のヨーガの定義を考えてごらん。土星が高揚の星座かムーラトリコーナの星座に位置し、木星が9番目の一方的アスペクトをするというのがその定義だ。これは結果として、木星は双子座か天秤座に位置し、土星は天秤座か水瓶座に位置することになる。この双子座・天秤座・水瓶座に共通の要素を考えてごらん。」

桃井 「一つは、三つの星座がトリコーナの関係になってますね。」

岩田 「そうだね。トリコーナの関係にある星座は、結果的に同じエレメントに属するんだけど、この双子座・天秤座・水瓶座の三つは、いずれも風のエレメントに属している。つまり、救済のヨーガは風のトライアングルで形成されるヨーガなんだ。

 魚座を支配する木星が敵対星位の双子座や天秤座に入って、ムーラトリコーナや高揚の星座で力を発揮する土星に一方的アスペクトを送るという救済のヨーガの構造は、木星が支配する水の星座の時代が終わり、土星が支配する風の星座の時代が始まることを象徴的に表しているという解釈も可能だ。

 象徴と言えば、キューピットとアフロディテが変身した2匹の魚が、離れないように帯で縛りあっているという魚座の象徴から、天に上げられた賢き美少年のガニメーデが、神の英知の源泉となる水瓶を持つ姿という水瓶座の象徴への移行は、情の絆に縛られ愛欲に耽る時代から、人が英知によって神の世界に至る時代になるのかもしれないね。」

桃井 「12星座の神話って、なかなか意味深い象徴ですね。」

岩田 「まあ12星座の神話は、占星術の奥義を象徴化したものだから当然と言えば当然だ。インド占星術でも神話によって占星術の奥義が象徴化されている例が多いね。だから占星術技法に内在する理論的構造を読み取る数学的センスと、神話に象徴された占星術の奥義を読み取る人文学的センスの両方が、占星術のオリジナルな研究を進めていくためには必要なんだ。

 アクエリアスの時代に信仰がなくなるとは思わないけど、木星が支配する水の星座の時代と土星が支配する風の星座の時代では、信仰も大きく変化していくんじゃないかな。自分を救世主として祭り上げていた教団を解散したクリシュナムルティなんかは一番過激な例だと思うけど、ラーマクリシュナにもこんなエピソードがあるんだ。

 神についてラーマクリシュナに質問した人に、熱心な信者が「この人のおっしゃることを信じなさい! ただ信じることです。」と言ったら、ラーマクリシュナは「お前はなんて人間だ! まだ本当に信じられないうちに無理に信じろだなんて。偽善だよ! お前はペテン師だよ!」と大変な剣幕で叱りつけた。その人は恥じ入って困惑の極に達し、周りの人は目をそらすほどだったそうだ。

 ダライラマ14世も、ダライラマという名は私の職務を意味する称号であり、自分自身は仏教僧たらんとする一チベット人であると言っている。救済のヨーガを持つ聖者方は、アクエリアスの時代の先駆けとなる土星に特徴付けられた精神性を持っているといっていいんじゃないかな。」

桃井 「土星は政治形態では民主主義をあらわすと、ラオ先生の本にも書いてありましたけど、納得できますね。」

岩田 「カースト制度の中で育ったインド占星術では、土星を奴隷階級に割り当てているけど、社会の枠組み自体が変われば、具体的惑星の象意も新しく解釈する必要があるという一つの例だね。

 土星は社会占星術だけでなく、スピリチュアル・アストロロジーにとっても実に興味深い。救済のヨーガの研究で、土星について一段理解が深まった気がするけど、まだまだ研究が必要だと思う。」

桃井 「今後の発表を楽しみにしてます。」

2003.03.04

アクエリアス談義(その2)

岩田 「じゃあ、前回の続きでアクエリアスの時代とインド占星術について話そうか。」

桃井 「はい。」

岩田 「前回、インド占星術でもアクエリアスの時代と似た概念があるけど、春分点ではなくって秋分点に着目しているという話をした。
 でも秋分点と春分点は一方の位置が決定すれば、他方の位置が自動的に決定するものだから、インド占星術でも春分点を使う技法があるということだね。」

桃井 「それなら春分点を牡羊座の0度としたトロピカル12星座という概念も、インド占星術で使うこともあるのですか?」

岩田 「それは今のところ思い当たるものがないね。でもトロピカル12星座自体は、西洋占星術の発明したとても興味深い占星術技法だと思う。
 ただトロピカル12星座では使用できない重要な占星術技法が多く、使用出来る技法の範囲を正確に認識する必要がある。
 でもこの話にここでは深入りせず、話をアクエリアスの時代に戻そうか。この話はいろいろな過去の経緯が絡むからね。」

桃井 「羽田先生の頃からの因縁みたいですね。」

岩田 「西洋占星術でも最初はインド占星術と同じように、土星を水瓶座の支配星に割り当てていた。ところが天王星が発見された時に、これを水瓶座の支配星として割り当てたんだ。
 もし水瓶座の支配星が土星のままだったら、アクエリアスの時代のイメージはずいぶん暗いものになっていたと思うよ。」

桃井 「たしかに、障害や抑圧を意味する最大の凶星が支配する星座の時代では、あまり希望が持てませんね。」

岩田 「ところが天王星なら、発明と発見の科学の時代というイメージも持っているから、風のエレメントに属する水瓶座の精神性と重ね合わせて、科学と精神性が調和する輝かしい黄金時代というアピールが出来るよね。
 もともと水瓶座には博愛や平等心という象意があるから、宗教や民族が、血で血を洗う争いを繰り返したこの約二千年を厭う人々にとっては、アクエリアス時代の到来は救済の福音なんだろうね。」

桃井 「この約二千年の時代って、キリスト教によって代表される魚座の時代だったと思うんですけど、魚座ってそんなに悲惨な星座なんですか?」

岩田 「アクエリアスの時代の福音自体が、一般的な検証が不可能な未来の理想郷だから、それと対比される魚座にあらゆる人間悪を帰属させてしまうのは、人間心理の避けがたい性癖だ。

 実際のところ、インド占星術では水瓶座に対してかなり辛辣な評価をしているんだ。これはインド占星術が水瓶座を、土星の支配する星座として扱っているからなのかもしれないね。
 それに対して魚座は、インド占星術では木星支配の星座だから、ずいぶん好意的な評価になっているね。」

桃井 「西洋占星術が魚座に割り当てている海王星と、最大の生来的吉星の木星では、ずいぶん星座の評価が変わってしまいますね。」

岩田 「だからインド占星術から見れば、魚座の時代から水瓶座の時代への移行は、木星の宗教性や慈愛が失われ、土星の理性や公正さの時代への変化を意味しているともいえる。
 二十一世紀は人が進化を止め、信仰のなくなる時代になると言っている歴史作家がいて、その霊的にも特殊な才能を持つ人の言葉を聞いたとき、直感的にそれは魚座から水瓶座の時代への移行を意味するという解釈が頭に浮かんだ。」

桃井 「アクエリアスの時代が、信仰のなくなる時代の始まりというのは、とても意外な結論ですね。」

岩田 「そうだね、自派の教義や教祖に対する、盲目的で排他的な信仰が、多くの悲劇を生んだことを考えれば、信仰がなくなる時代が良いのか悪いのかは、簡単に決められることではないだろうね。

 もともと春分点の水瓶座への移行なんて、あまり興味のないテーマだったから、このインスピレーションには、自分でも意外な感じだったけど、インド占星術から見たアクエリアスの時代というテーマは、結論の意外性があるから話のネタとしては面白いんじゃないかな。」

桃井 「でもこれって、けっこう人間の精神性に関する深遠なテーマかもしれないっていう感じがします。」

岩田 「まあ、そのうちもっと深い展開があるのかな、という気もするけどね。でもアクエリアスの時代については、次回で一応終わって、次のテーマに移ろう。」

桃井 「はい。」

2003/02/28 (金)

アクエリアス談義(その1)

桃井 「岩田先生は、アクエリアスの時代ってどう思います?」

岩田 「それは太陽の春分点が、魚座から水瓶座に移動することによって、人類が精神的・霊的に進化する時代がやって来るという考え方だね。アクエリアスの時代は、魚座の時代を代表する世界宗教であるキリスト教が終わり、新しい世界宗教が登場するという考え方があって、それを活発に主張している新興宗教も、多いんじゃないかな。」

桃井 「インド占星術では、アクエリアスの時代をどう考えるんですか?」

岩田 「インド占星術では、春分点を重要なポイントとして使用しないから、アクエリアスの時代という考え方はないんじゃないかな。
 でも、春分点が12星座を1周する1プラトン年の約25920年周期に近い、ユガという24000年の周期がインド占星術にも存在する。このユガは西洋占星術とは逆に、春分点の対向にある秋分点の位置を、重要なポイントとして使用するんだ。」

桃井 「それじゃあ、アクエリアスの時代じゃなくって、水瓶座の対向に位置する星座の、獅子座の時代ですね。」

岩田 「うん、そうなっちゃうね。スワミ・スリ・ユクテスワは、西暦の499年から2499年までを乙女座の時代として、それ以降の2000年を獅子座の時代、つまり春分点を見ればアクエリアスの時代と規定している。
 でも、ユガの区分は星座単位じゃなくって、1200年を整数倍した、24000年をカリ・ユガと二つのドワパラ・ユガ、36000年を二つのトレータ・ユガ、96000年をサティヤ・ユガという期間区分をして、合計240000年にしているんだ。」

桃井 「実際的な考え方は、ずいぶん違うんですね。」

岩田 「そうだね。似た部分がある、異なった二つの占星術技法だと思った方がいい。
 ユクテスワによれば、西暦1700年には最悪のカリ・ユガが終わり、今はドワパラ・ユガの時代だそうだ。そして4100年にはトレータ・ユガに入ることになる。これはインド占星術の立場から見た新しい人類進化の始まりの時代だね。」

桃井 「それはずいぶん先になりますね。」

岩田 「そうだね。でもインド占星術には諸説があり、このユガの計算も例外ではないから、カリ・ユガの時代はまだ終わっていないとする考え方もある。」

桃井 「でもこれはサイクルが長過ぎて、検証できませんね。」

岩田 「うん、240000年では歴史の資料で検証することすら出来ない世界だね。今日はこのくらいにして、次はアクエリアスの時代を、インド占星術の立場から分析するとどうなるかについて話そうか。」

桃井 「よろしくお願いします。」

a-News 2.32



談話室過去ログへ

 


メニュー
アイコン HOME
アイコン ご案内
アイコン お知らせ
アイコン 談話室(過去ログ)
アイコン 東西占星術ノート
インド占星術アイコン 簡易レファレンス
アイコン 検証 占星術
アイコン 研究日誌
西洋占星術 アイコン 検証 占星術
特別寄稿アイコン インド思想
アイコン 運命学
アイコン 開運術
鑑定案内 アイコン 鑑定案内
講座案内 アイコン インド占星術通信講座
アイコン インド占星術公開講座
アイコン インド占星術個人指導
アイコン インド占星術テキスト
アイコン 受講生の広場
etc. アイコン リンク
アイコン おすすめ書籍
アイコン 誕生日データベース
アイコン サイデリアル・エフェメリス
アイコン サイデリアル星座移動表
アイコン 緯度経度検索サービス
アイコン ホロスコープ・プレゼント


>>談話室過去ログ<<

  2003/03  
      1
235678
101112131415
161718202122
23242526272829
3031